毎日放送 大阪府

古川圭子(けいこ)毎日放送の女子アナは結婚していて夫はどんな人?子供についても! 2019年12月

更新日:

今回は毎日放送の古川圭子アナウンサーをご紹介します。

古川圭子アナウンサーはアナウンス部の副部長であり、マネージャーや用語委員も務める、ベテランアナウンサーなのですが…実は過去の経歴がすごいのです。

大阪・今宮戎神社のミス福娘!からのJAL!更に大阪花博のコンパニオン!と数々の輝かしい大役やお仕事を経てから、アナウンサーに転職しているのです。

若い頃のお写真を見ると、びっくりするほど可愛いですよ。

もちろん今もとてもおきれいです。

そんな古川圭子アナウンサーの過去と現在を詳しく調べてみました!

古川圭子アナのプロフィール

名前:古川圭子(ふるかわ けいこ)
生年月日:1967年1月30日生
出身地:大阪府豊中市
年齢:52歳(2019年7月現在)
血液型:O型
高校:大阪府立豊中高校
大学:神戸女学院大学文学部英文学科卒

古川圭子というお名前は旧姓です。
ご結婚されているので、本名は亀井圭子さんといいます。

1967年1月30日生まれで、現在52歳、血液型はO型です。

大阪府豊中市の出身で、豊中市立第五中学校から大阪府立豊中高校を経て、神戸女学院大学文学部英文学科へ進学されました。

高校時代は、ラグビー部の初代のマネジャーをしていたそうです。

こんな可愛いマネージャーがいたら、部員もやる気が出ますね!

また、現在は豊中市教育委員会委員も務めています。

古川圭子アナのかわいい画像

古川圭子アナはいつも微笑んでいて優しそうなイメージです。

お箸を持って「いただきます」のポーズでしょうか。可愛いですね!

ミス福娘!今見てもとても可愛く、30年前の写真だとは思えません!

同じ毎日放送の亀井希生アナと結婚しました。幸せそうです!

メガネもお似合いです。ドキッとしますね。

古川圭子アナの経歴

古川圭子アナウンサーは、実家が伊丹空港に近いことから、元々CAに憧れていたそうです。

CA試験では、日本エアシステム(JAS)の最終選考にまで残ったのですが、結局日本航空(JAL)にグランドスタッフとして就職しました。

JALで一年間働いた後は、1990年に開催された国際花と緑の博覧会(大阪花博)の会場でコンパニオンとして活躍。

その後、読売テレビの「ニューススクランブル」という番組でリポーターも務めました。
アナウンサーとして毎日放送に入社したのは1993年です。

様々なお仕事を経験していたんですね!

古川圭子アナは彼氏はいる?

古川圭子アナウンサーは、同じ毎日放送で2年先輩の亀井希生アナウンサーと結婚しています。

希生は「まれお」と読みます。
珍しいお名前ですね。

古川圭子アナウンサーが新卒入社ではないので、年齢は旦那さんの方が1歳年下です。

お子さんは2人で、息子さんと娘さんがいらっしゃいます。

大学生と高校生くらいの年齢で、多感な時期でいろいろ大変かもしれません。

息子さんのことをブログ上で「カメタロウ」と呼んでいますが、これはハイヒールのモモコさんが名付け親なんだそうです。

まとめ

アナウンサー業と後輩の育成にお忙しい古川圭子アナウンサーですが、近年は地元の豊中市を中心に、講演活動も行っています。

母校の神戸女学院大学で開催された講演会では、学生から質問が殺到して、長蛇の列ができたとか。

若い世代からの支持も得られるなんてすごいですね。

そういえば同局の福島暢啓アナウンサーも、とにかく美しい、憧れの存在です、と絶賛されていました。

あの落ち着いた声も、聞き取りやすくて視聴者は安心するんですよね。

これからも多方面での活躍を期待しています!

1967年1月30日生まれ、現在52歳の古川アナ。

大阪府豊中市出身で、大阪国際空港が近かったこともあり、CAを目指していました。

神戸女学院大学を卒業後に、日本航空のグランドスタッフとして一年間勤務しました。

その後、国際花と緑の博覧会(花博)でコンパニオンとして活躍し、1993年にアナウンサーとして毎日放送に入社しています。

同じ毎日放送アナウンサーの亀井希夫アナウンサーと結婚した後も、古川姓のまま活動を続けています。

男の子と女の子、二人のお子さんは今、大学生~高校生ぐらいの年齢です。

いつまでも美しい古川圭子アナウンサーの活躍を期待しています!

 

そしてこちらの
大阪府の女子アナウンサーのランキングも人気です!









-毎日放送, 大阪府

Copyright© 魅力的な地方の女子アナ大図鑑!蜜壺(みつつぼ) , 2019 All Rights Reserved.